安定した利益を得やすいNYダウとインカムゲイン

株式投資は、売買を繰り返して利益を得ることを目的にする投資方法ですよね。
個別銘柄の株だけではなく、最近では株価指数での取引も人気が高まってきています。
FXと同じように注目されている資産運用のひとつだと思います。
しかし、なかなか安定した利益を得にくく、もっと利益を得る方法はないか?と思っていませんか?

それならば、海外株のNYダウへの投資やインカムゲインを目的に投資をしてみませんか?

株式投資と言えば、日本国内の固有株だけではなく海外株にも投資は可能です。
例えばアメリカのNYダウ。
日本でいう日経平均株価と同じようなものですが、このNYダウは30銘柄から構成されています。
実は米国株の投資家からは「NYダウから選べば間違いない」とも言われています。

なぜNYダウは間違いないのか?
それはNYダウ銘柄が軒並み上昇傾向にあるからです。
中には4年間で250%も上昇しているものもあります。
大型株だと上昇しにくいというのが、日本株式の特徴でもありますが…
NYダウでは、この常識は捨てた方がいいでしょう。
NYダウに採用されている銘柄は、今後も業務拡大が期待できる企業ばかりです。
今後も上昇することを期待できるでしょう。

そして「インカムゲイン」
インカムゲインとは、それぞれの企業が決めた自社銘柄を持っている投資家へ贈る配当のことです。
例えば自社が展開している店舗で使える割引券や優待券。自社製品の洋服や小物類などもあります。
この配当を得るには、様々な条件があります。
配当を受け取るには「株主名簿」に名前が載る必要があります。
期末の権利確定日の4営業日前までに株を購入しておかなくては、株主名簿に名前は載りません。
また配当を受け取ることができる所有株の数にも決まりがありますので、そちらも確認しておきましょう。

最近では、このインカムゲインを目的に投資をしている人も多いようです。
NYダウの配当利回りが高い銘柄も多いので、そちらに投資して安定した利益を得る方も多いようです。
インカムゲインは多くの株を所有する必要があるので、ある程度資金に余裕がある方におすすめの方法です。

株で安定した利益を得たいならば、このような方法もあることを覚えておくといいでしょう。

Posted: 7月 17th, 2016 under ダウ - No Comments.

ダウ理論の概要について。

アメリカのチャート理論のもととなっているのは、「ダウ理論」だと言われています。
今でこそダウという言葉はアメリカの株価指数のことを指しますが、かつての日本の株価指数でもダウというワードが使用されていました。
今の日経平均株価は、昔は「東証ダウ平均」と言われていたそうです。
これは、チャールズ・ダウというダウ理論の提唱者であり、ダウ・ジョーンズ工業平均株価のもとを作った方が考案した株価計算方式が利用されているということがわかります。

では、投資家が知っておくべき「ダウ理論の分析方法」について、以下にまとめてみました。
ぜひ今後の投資のご参考にしてみてください。

・平均株価は、すべてのものを織り込んでいる
株式の需給バランスに影響を与える要因は、すべて相場に盛り込まれています。

・株式市場は、3種類のトレンドがある
主要波動、中勢波動、小波動と呼ばれるもので、その波動の期間を把握することが重要です。

・株式市場の上昇や加工はいずれも3つの局面から成立する
強気市場、経済状態の現実の回復に対する株式の反応、弱気市場の3種類です。

・ラインは是正運動に多く変化する
株価の横ばい状態のことを指すラインは、売り買いそれぞれの力が長期的に均衡している状態となります。
この状態が長いほど、新たな波動を引き起こすことがわかっています。

・出来高とトレンドは連動している
株価とトレンドの動きは「上昇増加」、「下降減少」というセットになります。

・確認の原則
日本の投資においてはそれほど必要ではない分析です。

・終値重視
終値からも翌日の相場の動きを予測することができることもあり、投資家の心理に非常に大きな影響を与えています。

・トレンドラインを引く
株価が上昇方向なのか、下降方向なのか、横ばいなのかを見極めることから投資がスタートするという考えです。

これらはいずれも投資をするうえで絶対に心得ておくべき文言だと思いますので、より詳しく知りたい方は調べてみてください。

Posted: 7月 3rd, 2016 under ダウ - No Comments.

インターバンク市場とは。

株価指数取引において、ダウやFTSE以外にもよくインターネットサイトで見かけるワードに、”インターバンク”というものがありますが、どのようなものかご存知ですか?
本項では、インターバンクについて詳しくご説明しましょう。

銀行間の取引、もしくは銀行間の取引市場のことが、”インターバンク”です。
金融機関、ここでは銀行や証券会社などを指しますが、これらが外国為替や短期資金の取引を行っています。
これは限定された市場であり、限定された参加者しかいません。

インターバンクの目的は、金融機関による相互に日々の短期的な資金の過不足調整です。
つまり、資金の受渡しが行われる、と言えるでしょう。

インターバンク市場には3つの市場があります。

・コール市場
金融機関の非常に短期の資金の貸借が行われる市場です。
短期とは、原則として1か月未満を指しています。
過去は無担保ベースでしたが、現在は有担保ベースです。

・手形売買市場
短期資金を売買する貸借市場のことで、手形を用いて資金の融通が行われています。
コール市場と比べると、期間が長い取引が扱われているとのことです。

・東京ドル・コール市場
外国為替公認の銀行間において、短期の外貨資金貸借取引が行われています。
非居住者が参加できる東京オフショア市場のほうがメジャーになってきました。

このように、それぞれ特徴があります。

インターバンクを要約すると、銀行間取引のことですね。
この市場をインターバンク市場と言い、参加者は銀行などの金融機関のみとなります。
短期資金の貸借を行うコール市場と、為替関連の取引が行える外国為替市場があります。

インターバンク市場は24時間機能しており、眠らない市場としても有名です。
ちなみに
・東京
・ロンドン
・ニューヨーク
は世界の三大市場ともいわれており、資金の取引が非常に活発ということです。

過去のコール市場の事件としては、1997年のものがあります。
三洋証券が経営破たんし、群馬中央信用金庫が貸し付けをしていた無担保コール資金であるおよそ10億円が債務不履行となったというものです。
この際には無担保コール市場が大混乱に陥ったとのことでした。

Posted: 6月 24th, 2016 under ダウ - No Comments.

世界の株価指数のことがわかります。

世界の株価指数に投資ができるということをご存知ですか?
日本の株価指数と言えば
・日経平均株価(日経225)
・東証株価指数(TOPIX)
がありますが、世界にはたくさんの国があるように、たくさんの株価指数があります。
一例をあげるならば、
・NYダウ(アメリカ)
・FTSE100(イギリス)
・DAX(ドイツ)
などがメジャーでしょうか。
株価指数に投資をするということに対してピンとこない方も多いと思うのですが、投資初心者に始めやすい金融商品として注目を集めているんですよ。

もし株価指数への投資にご興味があるという方は、世界の株価指数に関するまとめサイトである『世界の株価指数.com』をチェックしてみてください。
こちらのサイトには、世界の有名な株価指数について、そしてその相場について、非常に分かりやすい言葉で紹介してくれています。
特に初心者向けのサイトということもあり、サイト作成者は専門用語を極力使用しない文章作りをしてくれているそうです。

もちろん、もうすでに世界の株価指数に投資をし始めている方にも役立つ情報がたくさん記載されています。
たとえばファンダメンタルズ分析、テクニカル分析の活用法、株価指数の算出方法、具体的な株価指数のおすすめの取引などがありました。
どれも絶対に知っておくと有利に投資をすすめられるものばかりですので、合わせて確認してみてください。

ちなみに、このサイトを作成した方はこれまでに為替などに関してほとんど知識がなかったそうです。
ファッションのことから景気のこと、さらに世界の株価指数のことに興味を持ち始めたということで、もし今投資にご興味がないという方でも気軽に始められるのではないでしょうか。
特にヨーロッパの株価指数、アメリカの株価指数に関しては他のサイトでは見ることがないぐらいしっかりと説明文が記載されていますので、今後株価指数に投資をする際に活用できると思いました。

世界の株価指数に投資ができるということをご存知ですか?
日本の株価指数と言えば
・日経平均株価(日経225)
・東証株価指数(TOPIX)
がありますが、世界にはたくさんの国があるように、たくさんの株価指数があります。
一例をあげるならば、
・NYダウ(アメリカ)
・FTSE100(イギリス)
・DAX(ドイツ)
などがメジャーでしょうか。
株価指数に投資をするということに対してピンとこない方も多いと思うのですが、投資初心者に始めやすい金融商品として注目を集めているんですよ。

もし株価指数への投資にご興味があるという方は、世界の株価指数に関するまとめサイトである『世界の株価指数.com』をチェックしてみてください。
こちらのサイトには、世界の有名な株価指数について、そしてその相場について、非常に分かりやすい言葉で紹介してくれています。
特に初心者向けのサイトということもあり、サイト作成者は専門用語を極力使用しない文章作りをしてくれているそうです。

もちろん、もうすでに世界の株価指数に投資をし始めている方にも役立つ情報がたくさん記載されています。
たとえばファンダメンタルズ分析、テクニカル分析の活用法、株価指数の算出方法、具体的な株価指数のおすすめの取引などがありました。
どれも絶対に知っておくと有利に投資をすすめられるものばかりですので、合わせて確認してみてください。

ちなみに、このサイトを作成した方はこれまでに為替などに関してほとんど知識がなかったそうです。
ファッションのことから景気のこと、さらに世界の株価指数のことに興味を持ち始めたということで、もし今投資にご興味がないという方でも気軽に始められるのではないでしょうか。
特にヨーロッパの株価指数、アメリカの株価指数に関しては他のサイトでは見ることがないぐらいしっかりと説明文が記載されていますので、今後株価指数に投資をする際に活用できると思いました。
株価指数に関する詳しい情報はこちらからどうぞ。

Posted: 6月 16th, 2016 under ダウ - No Comments.

FXの疑問:スプレッドって何?

「FXをはじめたいけれど、わからない用語がたくさんあって、始める勇気が持てないなあ」という方がいらっしゃるかもしれません。そんな方に、FXでよく聞くけれどイメージしにくい用語について、ご説明したいと思います。

ここでご紹介したいのは「スプレッド」です。スプレッドというのはいろいろな意味がある単語ですので、理解するのが難しいですね。もともとスプレッドとは、「広がる」「広げる」といった意味です。たとえば、パンに塗るマーガリンに似たものを「ファットスプレッド」と呼びますが、これも同じスプレッドです。

さて、金融関連でスプレッドはどういう意味なのかについて踏み込んでみましょう。スプレッドには、「広がっている金額差」という意味もあります。金融取引においては、ある二つの商品における「金利差」や「価格差」のことを呼びます。NYダウ平均と日経平均の間のスプレッドなどは、米ドル/円のレートの変化と関係するので、よく経済ニュースでも出てきたりするようです。これらのスプレッドを取引するような「スプレッド取引」というものがあります。たとえば同じ種類の商品を取り扱っていても、商品Aと商品Bそれぞれ価格が変動しています。AとBの価格差を利用して、割高な方を売ると同時に割安な方を買ったりするのがスプレッド取引です。

もうひとつ、別の意味のスプレッドもありますから、ご紹介しておきましょう。それは、FXにおけるスプレッドです。この場合のスプレッドも「金額差」の意味です。FXというのは外国通貨を売買することで利益を得る取引ですね。FXを始めた人は、ついついレートにばかり目がいってしまいがちですが、スプレッドについても押さえておく必要があります。FXのスプレッドとは、売値と買値の差のことです。

あるタイミングで外国通貨を売買したいとき、FX会社が提示するレートとあなたが実際に手にできる金額とには僅差があります。これはすなわち、FX会社の手数料にあたる金額です。FX会社を選ぶ際にはスプレッドが小さいところを探すというのもひとつの方法ですよ。

Posted: 6月 4th, 2016 under ダウ - No Comments.